今日はこんな話。

運って言う言葉を聞いて、どんなかんじをうけますか?

私は「運」は降ってくるもの

幸運に恵まれる
運がついた

運がいい

と言うような言葉から、

運は「与えられるもの」
「棚から落ちてくるぼた餅」

だと思っていました。

いやいや、「運はつかむものなんだよ」という意識高い意見も合るでしょう。
一歩違うかんがえに

「運はつかむもの」なんだよ

という教えもありますよね。
でも
それでも

「運」がきたら、「つかむ」

なので、「運」はそこでも向こうからやってくるイメージです。
私が今、未知半ばでふと、腑に落ちたことを言えるとするなら、
「運」は自分の手で作り出すものだと言うことです。

「そんなことできないでしょ」
「それって、運っていわないじゃん」
「努力」って言うんでしょ」

そうかもしれません。

私は「努力」って言う言葉にあまりいいエネルギーを感じてないので、使うのはやめます。

日本って、「謙譲」の精神が卓越してますからね。

「私は努力してるんです」って
正面から言うのをためらう人は多いんですよ。

あ、すみません、脱線しました。

「運」はつくるもの 自分で。
じゃあ、何を材料につくるんでしょう。

何かを作るには材料がいります。

「運」は「行動力」「決断力」「やってやろう」という情熱
が「運」の正体なんです。

運の裏にこれらの行動がくっついてるんです。

「やるぞ」と決めて、「行動」やって、「やってやろう、絶対つらくてもあきらめない」この3つでやりつづけると、
「運」に変身するんです。

わかりやすく

「運」と「努力」は同じなのです。

といって、「努力」ってたいへんなことって思わない人はすばらしい人です。

ぜひそのまま努力すれば、

「運」がつかめます。必ず。

そのとき、

「運」は自分で作ったなーって

思えているはずです。
「努力」が嫌々なものじゃあだめですよ。

それでもある程度までは成功できるんです。

苦しかった受験勉強みたく。

でも、それは、「運」に奈良ないんんで素。

苦しかった努力をしたら、
必ず、「運じゃないんです。努力なんです。」って言いたくなるでしょ。

だから運じゃないんです。

ものすごいしんじられないほどの成功をしたいなら、

努力だけじゃ足りないんです。

運も必要なんです。
って、成功者は言ってませんか?

運の裏にぴったりとついて離れないのが、努力を努力とも思わない、前回転の情熱と行動なんです。

九州の大雨

九州や西日本は雨が多いですよね。

それに比べて、東日本はホントに雨が少なくて。

そして、35度以上の猛暑日が梅雨明けから毎日続いてます。

東京も35度とかってなってますけど、住んでいる場所によっては、ものすごく涼しいこともあるんですよ。

我が家は、ちょうど海からの風が吹き込む地形にたっているマンション。

海からは5キロ以上離れているのですが、東京湾がまっすぐ南になるため、風が強いんです。

ちょうど周りにも何もないのでこのあたりの人はいい風をいつも感じていると思います。

まるで、ハワイのようにカラッとした風が吹いてとても過ごしやすいです。

今日の東京は、33度を超えていますが、私は冷房をつけてません。

まどを開け放して風を感じています。

それにしても、九州はずっと雨が降り続いていますね。

鹿児島などは、本当に6月からずっと雨が続いていますよね。7月に入っても雨が続いているし、土砂災害が心配です。

雨が降り続いているところがある一方、雨が降らなくて困っているところもあるはず。

異常気象は本当にこわいですね。

リペアファンデーションと下地

リペアファンデーションが敏感肌や乾燥肌の人、肌に負担をかけないファンデーションということで注目されいて、口コミサイトなどでもよく見かけるようになりました。

でも敏感肌の人、あと仕上り感にこだわる人が気にするポイントが、

「リペアファンデーションは下地なしでも大丈夫なのか?」ということです。

できれば、オールインワンファンデのように、それひとつでベースメイクが完成するのが理想なんですよね。

あと、肌の弱い人は、せっかくファンデーションが肌に優しくてもカバー力がなかったりすると、下地でカバー力を上げないといけなくなるじゃないですか。

そしたら、下地もまた探さないといけなくなりますからね。

下地が天然由来であるということは結構少ないのです。

わたしのようにシミや毛穴で悩んでいる年齢肌の人の場合、やっぱり下地があっとほうがいいなと思うことは多いからです。

リペアファンデーションを使っているリソウのホームページに行ってみたところ、

下地は別に販売しているようでしたので、最悪、下地を購入することも考えて、

まずはリペアファンデーションのお試しセットを使ってみることにしました。

リペアファンデーションを使ってみて、下地なしでも行けるかもしれないし、

もしカバー力などが問題であれば、リソウの下地を購入することにしようと思いました。

心の問題について少し・・・

皆さんは、トラウマってありますか?

私はトラウマ、ありました。それは母のとの関係。

ちなみに私の母って極普通の人です。ただ、けっこういつも自分が正しいと子供にはキツく当たる人でした。その分、外面はとてもいい人だった。

八つ当たりかなーーって思うこともたくさん言われました。

これがトラウマってずっと思っていました。

でも「原因説を否定する心理学」っていうのがあるんですって。

アドラー心理学では、原因説というものを否定するそうです。

原因説っていうのはたとえていえば、

「親に過去に虐待を受けていたから、自分の子供にも虐待行為をする」

というようなことです。

もっともな意見というように思います。

そして、そこには「仕方ない」というニュアンスが常に漂っています。

でもアドラー心理学では、「目的説」を唱えています。

「どんな行為であれ、それをすることで自分にとって為になるからそれをする」ということです。

目的をかなえることができることをしている、というスタンスでしょうか。

こんなことを言い出すと、すべての前提みたいなものがひっくり返ってしまうことにならないでしょうか。

原因をさぐることで、犯罪や、病気などを予防することができるということまで否定されるのでしょうか。

もう少し勉強が必要なようです。

 

私の場合で言うと、私が「外面がよくって、人が怖い性格なのは、母のせいじゃなく関係がない」

むしろそう思うことで私は得をしているってことになりますかね。

 

うーーーん難しい!

アラフォー女子のコツコツきれい

 

 

アラフォー女子にとって、「きれいでいたい」が脳内に占める割合は、年々増えていきます。
お金を散々かけたり、「即」キレイを求めて美容手術をしたり・・・っていうのはちょっと抵抗が・・・。

コツコツと、毎日のちょっとしたことや、心がけでキレイになれる、半径3メートル内くらいの手の届く範囲のキレイを目指して努力する。

モデルや女優は、遠すぎるキレイ。
でも、いつも会う、いつも笑顔で話す相手に、「キレイ」って映ったら嬉しい!

ところで、私が30代になって一番最初に気になり始めたのが、お腹のぽっこり。

えええーー!いままで椅子に座った時に、ぺったりしていたお腹が、ふくらんでる。

そのご、そのポッコリがどんどん成長するとはそのときは 思いもしませんでした。
今から考えると、その時に同時に起こっていたのが、「便秘」だった気がします。

あの時の便秘が、今のこの【浮き輪】の元だったとは・・・・。
便秘は美容にとって悪玉の最たるものです。
なぜ便秘がいけないか?

「腸は第二の脳である」

という言葉を聞いたことがある人もいるかと思います。
実は腸は、自分で考えているのです。脳とは別に。
人間って緊張すると、腸がものすごく硬くなるんですよ。

腸が免疫に関係していることがわかっているんですね。

その腸の中が正常な動きをしていないと、いろんな機能に影響が出るんですよね。
一番問題なのは、細胞を作る栄養素をきちんと送り届けられなくなること。

そうすると、もちろん体がサビてしまったり、血行が悪くなってしまったり。

となると、新陳代謝もわるくなり、脂質の代謝が悪くなり、太りやすくなる。。。

便秘がよくないのは、体中の色んな所に影響を及ぼすからなんですね。

ではでは。いきなり便秘の話でゴメンナサイ!

でも、腸がキレイを作る元っていいうのは言い過ぎではないと思います。