黄体ホルモンとエストロゲン

私は、生理前に体重が増加する傾向があり、増えていると落ち込んでしまいます。体重が増加するのは、月経周期のホルモンバランスの変化によると聞いことがあるため、仕方のないことなのですがやっぱり嫌なものです。

あと、そろそろ更年期が近づいてきている友人に聞くと、やはり更年期とともに体重がものすごく増えてしまう人もいるそうです。

その原因は、黄体ホルモンが増加して、体が栄養や水分を溜め込もうとするため、体重が増加するのですが、実際にトイレの回数が減る気がするし、便秘気味になっています。
また、黄体ホルモンによって、食欲が増加する傾向があるようですが、私もこの時期はすぐにお腹が空き、お菓子を食べる量が増えていることを自覚しています。
体重が増える原因はわかっていますが、食欲を我慢するとイライラしてしまうので、つい食べてしまいます。
また、生理前は胸が張って痛かったり、足がだるかったり体も不調になり、それを我慢しているとストレスが溜まるので、お菓子を食べることで解消しているというのもあります。
体重が増えて落ち込みますが、生理が終わるまでは仕方がないことだと言い聞かせるようにしています。

黄体ホルモン自体はとても大切なものですが、エストロゲンの減少は女性にいろんな症状をもたらしてしまうんですね。

最近では、大豆イソフラボンがエストロゲンと似た働きをすることと、大豆イソフラボンを更に活性化した「エクオール」という成分の研究も進んでいるみたいです。

http://xn--ecka5cyhpdbj1734gs8plma.com/