プラセンタって何?

 

今、プラセンタが注目されていますよね。

プラセンタとは胎盤のことで、妊娠時に作られる子宮内の器官です。
お母さんがお腹の中で赤ちゃんの成長を育むときに必ず必要なものです。

ですので、ヒトのほか、豚、馬、羊、鹿などや哺乳類は胎盤を作ります。

現在では、プラセンタの原料に関しては、感染症の危険がある、羊や牛、それに鹿の胎盤の使用は認められていません。

さらに、ヒトプラセンタについては、医療用のみ使用が許可されており、製薬会社も限られた先のみで原料に関しては十分に監視がされています。

ですので市場に流通しているプラセンタサプリメントについては原料は、豚や馬のものが一般的です。

最もプラセンタ摂取の効果が高いのはもちろん、医療用として使われる、ヒトプラセンタです。

医療機関ではヒトプラセンタを注射で投与され、これは50年も前から行われています。

ですが、ヒトプラセンタを摂取した後は、感染症のリスクを完全には拭い切れないという配慮から、献血はできなくなるという規制があります。

ですので、手軽にプラセンタを摂取したい場合、サプリメントやドリンクタイプのものを摂ることが多いようです。オススメのプラセンタサプリはこちら